五〇鬼トラス

劇団五〇鬼のブログです。
かなり不定期に更新中。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【ベル・エポック】 | main | 9月のお知らせ >>

【現像】

0
    ふし待ち月の時分になると駅前のシャッター通りで月齢屋が商売を始める。

    鋳物の鈴を鳴らし、本日の花鳥風月を唄うと客が集まる。

    客は今日の出来事をあらかた話すと月齢屋は人体と月のバイオなんとか云々かんぬん…宣う。

    客は講釈など聞いていない、自分が話して満足している。


    「こちらを参考にしていただければ」
    「…万年月齢日めくり」

    酔っ払いは千円を渡すとドブ板を踏み抜きかけては千鳥足で消えていった。

    「万年じゃないですよね」
    「あら布団屋さん、今日はお休みですか」

    シャッターには消えかけた

    【青玉布団特約店】の金文字。

    私はここの三代目…
    この場所代が僕の呑み代になるって寸法だ。

    「今日はどちらで?」
    「西口商栄会の会合があって、消防団の詰所で、薄着ですね…ちょっと待ってて」


    月齢屋さんは身体の線を強調するような人絹を羽織るだけで、きぬ擦れはイタズラにしか聞こえなかった。

    「これ、どうぞ」
    「どうも」

    ドテラの月齢屋は丸椅子に腰掛けると脚を組んだ。

    白い太ももが露出したがドテラのせいで色気があるのか、ないのか…。

    「話しを聞きましょうか」
    「いや、せん…」

    チャルメラがシャッター通りに響いた。

    「夜鳴きそば、つきあいませんか?」
    「ええ」

    私はコショウの効いた醤油ラーメンをレンゲ無しで食べた。
    月齢屋はゆで卵にアジシオをかけて、二級酒をあおる。

    「布団屋さん」
    「はい」

    「今月も場所代、実入りがなくて…」
    「先月といっしょですね」


    月齢屋は脚を組み直した。

    私は点滅信号に照らされた太ももを見ていた。


    ⇒みなさま、お久しぶりです。
    季節外れの内容で恐縮です…


    五〇鬼の面々は筆不精ですが活動中です。

    ネット上で、逐一
    【私、がんばってます!!】
    的なツイート等をしましょうと会議で決定したのですが

    開店休業ですね…私事ですが先日、旅公演で福島はいわき市へ行ってきました。

    芝居をする小学校を囲んで…

    仮設住宅
    新築のニュータウン
    新築のウェディングチャペル
    等がありました。

    芝居を観た子供達は屈託ない笑顔で接してくれました。

    あたりまえに生活が存在していました…J-POPの歌詞っぽくなりそうなのでこの辺で。


    ※追記、来月の中旬に下北沢から少し離れた東演パラータで客演します。

    劇団ぱれっと公演
    【星の王子さま】

    7/18(金) 19:00
    7/19(土)14:00 19:00
    7/20(日)14:00 19:00
    7/21(月)14:00

    料金

    前売り 3000円
    当日 3300円
    学生 2000円
    小人 800円

    東演パラータ

    世田谷区代田1-30-13

    03-3419-2871

    下北沢南口から徒歩15分、花屋さん付近から送迎いたします。

    お問い合わせ下さい。

    生演奏します!!

    - | permalink | comments(3) | -

    この記事に対するコメント

    桃ちゃんから連絡が有りました!

    初日と楽日に伺います
    しもきたの肉満 | 2014/06/16 12:48 AM
    ありがとうございます、シモマンさん!!
    イナモト | 2014/06/17 10:26 PM
    稲元氏、星の王子さま(意外と)楽しめました。次回は、五〇鬼の公演、行きます。
    山脇 | 2014/07/23 5:32 PM
    コメントする